Keep Latency~Live 12編5回目~Ableton Live講座[Vol.422]

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

Live 12編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

Keep Latency~Live 12編5回目

オーディオI/Oから歌や楽器の音などを入力すると、レイテンシーが生まれます。
さて、Recされた音はレイテンシーが生じる前の音でしょうか?後の音でしょうか?

akiMusic

Live 12編再生リスト

Live 12編

ちょっとしたまとめ

チャプター参考

1:08 表示方法
1:41 Rec
3:08 比較
4:13 なぜ?
6:46 今回のまとめ

表示方法

画面右下、ミキサーアイコンの右にある小さい▼マークをクリックして【Track Options】にチェックを入れればOK。

Rec

【Monitor】には【In】【Auto】【Off】の3種類があります。
それぞれで【Keep Latency】をOn/OffにしてRecします。

MonitorがOffの場合はKeep Latencyは効かないんですけど、実験なので、ね。

比較

MonitorがAutoの状態でKeep LatencyをOnにしたものだけ、音が遅れてRecされました。

なぜ?

オーディオI/OからLive(というかDAW)に入った音はオーディオI/Oに戻って耳に届きます。
この際、レイテンシーが生まれます。
【Keep Latency】はこのレイテンシーを活かすかどうかの設定項目です。

Keep LatencyをOnにすれば、レイテンシーを活かしてRecします。
Offにすれば、レイテンシーが生まれる前の音をRecします。
よって、比較したようなズレが生じるわけですね。

オーディオI/Oには【ダイレクトモニタリング】という機能が付いてます。
(付いてない機種もあります)
これは、オーディオI/Oに入った音をそのまま耳に返す機能です。
つまり、DAWでレイテンシーが生まれる前の音をそのまま聴いてる状態ですね。

多くの人はダイレクトモニタリングで音を聴きつつRecしてるのではないかと。
となれば、Keep LatencyをOffにした状態のRec結果が正しい状態ですね。
ダイレクトモニタリングで音を聴いてない場合は、Keep LatencyをOnにした状態となります。

どちらが自分にとって正しいRecかは人それぞれとしか言えないんですけど、【Keep Latency】が重要な機能なのは確かです。
どちらをRecするか選べるわけですから。

Live 12の新機能 | Ableton
Ableton Live 12の新機能、デバイス、サウンド、 ワークフローのアップデートをチェック。

Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

新しい【Live】登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました