Tuning~Live 12編2回目~Ableton Live講座[Vol.420]

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

Live 12編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

Tuning~Live 12編3回目

たくさんのチューニング(調律)が世の中には存在します。
Live 12ではその【調律】が簡単に出来ますよ、というお話。

akiMusic

Live 12編再生リスト

Live 12編

ちょっとしたまとめ

チャプター参考

0:39 チューニングの話
1:54 使い方
5:44 SCALAファイル
7:50 今回のまとめ

チューニングの話

現代の基準音とされてるのは【A=440Hz】ですね。
この440Hzを倍にしたり半分にしたのが1オクターブ上だったり下だったりするわけですね。

この1オクターブを12等分したのが【平均律】ですね。

しかし『平均律は和音がキレイではない』という方がいます。
実際、周波数的な観点からいくと、この聴こえ方は正しいと言えます。
で、キレイに聴こえるように考えられたのが【純正律】です。

じゃあ『いつでも純正律使えばいいのに』と思うかもしれませんが、チューニングが難しい楽器(ピアノ等)では、基準となるキー(調)以外だと気持ち悪い響きになっちゃうんですよね。

詳しくお知りになりたい方は以下のリンク等が参考になるかと思います。

Xenharmonic Wiki

使い方

使い方はTuningカテゴリー内にあるファイルをダブルクリックまたはEnterキーでOKです。
Tuningをバイパスさせたい(適応させたくない)場合は【Bypass Tuning】をOn(点灯)させれば、Tuningが適応されることはありません。

SCALAファイル

Live 12にもたくさんのTuning用ファイルが準備されてますが、世の中にあるすべてのTuningがそろってるわけではありません。
なにせ、ものすごくたくさんありますから。

で、ネット等でTuning用ファイル(SCALAファイル)を入手することも出来ます。

Scala Downloads
How to download Scala

それぞれがどういうチューニングなのかは、以下のページで閲覧できます。

https://www.huygens-fokker.org/docs/scalesdir.txt
Live 12の新機能 | Ableton
Ableton Live 12の新機能、デバイス、サウンド、 ワークフローのアップデートをチェック。

Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

新しい【Live】登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました