[Vol.274]例えばゴーストノートを入れる~Ableton Live講座~Groove編#3

Groove編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

[Vol.274]Groove編#3~例えばゴーストノートを入れる

よ~~く聴くと、小さ~~いスネアの音ってよく使われてるんですよね。
その辺、意識してみましょう。

akim is Bassist

Groove編再生リスト

akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

【ゴーストノート】とか【グレースノート】とかって言い方をする音の話です。
『どっちかが英語で、どっちかが和製英語』という話を聞いたことがあるんですが、ほぼ同時期に『どっちも通じるよ!?』と言われたこともあります。
どっちが本当なんでしょうか。

それは今度、友達に聞いてみるとして。

聴こえるか聴こえないかくらいの音をスネアで使うと、Drumパターンに表情が付きます。
『Velocityをいちいち調整するのは面倒くさい!』って方は、Drum Rack側でゴーストノート用のスネアを作るのがおススメ。
僕は基本的にDrum Rack側で作っちゃいます。

もちろん、ゴーストノートにバリエーションを持たせるという方法もアリアリ。

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました