Cabinetはスピーカー部分~エフェクト編#20~Ableton Live講座[Vol.320]

エフェクト編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

Cabinetはスピーカー部分~エフェクト編#20

アンプのスピーカー部分のモデリングだけではなく、マイクの設置位置も選べます。
複数のマイクを設置した状態にするTipsもお話します。

akim is Bassist

エフェクト編再生リスト

エフェクト編

ちょっとしたまとめ

実機のアンプはキャビネットとペアで使うのが普通です。
が、こっちはエフェクトなので自由に使って全然OKです。

とは言え、やはり【Amp+Cabinet】のタッグは安心して使えます。
音にまとまりというか、勢いというか、いい感じになるんですよね。

実際のRecやライブでは、キャビネットの前に複数のマイクを設置することがよくあります。
それぞれの音を上手く混ぜてベストな音を作るわけですね。
手順としては

  1. Cabinetをグループ化してRackにする
  2. チェーンを複製
  3. 複製したチェーンそれぞれにマイクの位置を設定
  4. マクロに使いたいパラメーターをマッピング

という感じになります。

やや応用編なので、Ableton Live初心者にはレベルが高く感じるかもしれません。
が!
Rackを制するとAbleton Liveがもっと面白くなります。
今回の動画の7:58からを参考に挑戦してみてください。


Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました