バンドマンこそAbleton Live~いまさらだけど、MIDIって?

バンドマンこそAbleton Live~いまさらだけど、MIDIって? バンドマンこそAbleton Live

DAWを使ってると、必ず出てくる単語の1つに【MIDI】ってのがあります。
わかってる人にはわかってるこの単語。
でも、そんな人たちだって初めてMIDIに出会ったときはよくわからなかったんじゃないかなぁ。

Ableton LiveっていいDAWなのに、なぜかバンド周りにユーザーが少ない。
ちょっと悔しいので、バンドマン向けに役立ちたくてAbleton Live講座もやってます。
記事を書いてるakimはAbleton認定トレーナーです。

Ableton認定トレーナーロゴ

Musical Instrument Digital Interface

長ったらしい【Musical Instrument Digital Interface】という英語の頭文字を並べたのが【MIDI】。
読みは【ミディ】。

MIDIとは電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送するための世界共通規格
(引用:Wikipedia)

ってのがWikipedia先生の説明。
シンセサイザーのような楽器や、MIDI音源(単体)とMIDIシーケンサーのような電子楽器同士をつなげるときに使う規格、と言えば少しわかりやすい?

とはいえ、MIDI接続は現役だけど見ることが少なくなったのも事実だもんねぇ。
MIDIキーボードもUSB接続が主流だから、MIDIを意識することも減ったし。

Ableton LiveのようなDAWに直結する説明をするなら、ずばり【DAWに演奏命令を出す言葉】のこと。
そう捉えるのがDAW使いにはわかりやすいかな?

伝える

コレ、どこかで見た格言なんだけど、
【PCは思った通りには動かない。ただし、言った通りには動く】
ってのがあります。
PCを扱う上で覚えておいてほしい言葉。

ま、世の中には【バグ】ってものがあるんで、言った通りに動かないことも多々あるんだけどね(-_-;)
その辺はちょっと置いといて笑

『この音は大きめで。右から左に流れるように。音の出だしは少し遅め。音程は高いC。』
って作曲者の頭の中にはイメージがあっても、それをPC(DAW)は察してくれない。
なので、1から10まで伝えてあげる必要があります。

とはいえ、人間の言葉そのままで伝えてもDAWには伝わらないのです。
そこで【MIDI】という規格を使ってDAWに伝えます。
その伝え方で一番馴染み深いであろうものが【ピアノロール】

ピアノロールに関しては以前書いた記事があるのでそちらも参考に。。。

ピアノロールにいろいろ書き込む(打ち込む)ことによって、DAWは
『了解です!その指示に従って音を出します!』
となってくれるわけです。

MIDIには

  • 音程
  • 音量
  • 音価
  • 発音タイミング

など、音を装飾するためのさまざまな情報が含まれます。
これらを使って音作り(サウンドデザイン)をするんですね。

具体的な使い方はまた改めてブログに書くか、動画化するかしますね。

関連動画

先日作った動画でもMIDIについて説明してます。
参考になれば。

セッションビューを使う「MIDI」~Ableton Live講座~導入編#4

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました