バンドマンのためのAbleton~機能比較『まとめ』

バンドマンこそAbleton Live バンドマンこそAbleton Live

Ableton Live9は4バージョン。

それぞれについて説明しましたが、ページの行き来って面倒なのはよく知ってるのでここでまとめページを作ってみました。

3つの Live エディションの機能比較 | Ableton
LiveにはIntro、Standard、Suiteと3種類のエディションがあります。それぞれの機能を比較し、お客様に最適なエディションを見つけましょう。

機能比較

はっきりしないところもあるんで、ところどころ「データなし」になってますがご理解のほどを。
なお、アップデートによって変わることもあります。
Liteでも、9.6以前と以後では機能がだいぶ違います。

  LiteIntroStandard Suite
主要機能
 シーン 88無制限無制限
オーディオ、
MIDIトラック数
 816無制限無制限
センド&リターントラック数221212
モノオーディオ
入力チャンネル
 44256256
オーディオ出力チャンネル 44256256
Max For Live ××
オーディオのスライス ×× 
オーディオをMIDIに変換 × ×
グルーヴプールと
グルーヴ抽出
 × ×
ビデオのインポート
/エクスポート
 × ×
サウンド     
Pack(種類) データ無し 41425
サウンドデータ容量  データ無し 4GB11GB54GB
サウンド(種類)  データ無し  データ無し11003000
エフェクト(種類)  データ無し273841
ソフトウェアインストゥルメント
(種類)
3339
ループ素材(種類)  データ無し  データ無し35004000

Lite

MIDIコンやオーディオインターフェイスなどの機材を買うことによって入手できるバンドル品。
機能的には最低限。
でも最低限ながらもAbleton Liveらしい機能は搭載してるので、Ableton Liveの入門としては十分かと。

  • とりあえずAbleton Liveを試してみたい
  • MIDIコンで遊ぶために、取り急ぎDAWが欲しい
  • DAWに触ったことがない

という人向け。

Intro

Liteよりは高機能だけど、入門者向けの感は否めず。
正直言って、機材が無いなら先に機材を買ってLiteを入手し、その後でStandardやSuiteにアップグレードするのが実用的なんじゃないかな。

  • とりあえずAbleton Liveを試してみたい
  • DAWに触ったことがない
  • 機材はいらないからAbleton Liveだけ欲しい

という人向け。
『自分の性格だと、もっと上位が欲しくなるだろうな』って場合はやめといた方がいいです。
そういう人は最初からStandardやSuiteを買うのをおススメ。
ちょっと本気で音いじりを始めたら絶対に機能が足りなくなるから。

Standard

バンドマンがバンドのために、あるいは自身の勉強のために使うのであれば十分すぎる機能が搭載されてます。
バンドに飽きてTrackmakerに転身するとしても、Standardがあれば十分と言っても過言ではないくらいの機能は入ってるバージョン。
バンドのための作曲や、Recした音源の編集やMix等はかなり高いレベルで出来ますよ。

Suite

Ableton Live9において、最上位バージョン。
ラーメンでいうところの全部乗せ
すべての機能が入ってます。
予算があるなら、あるいは本気でMusicmakeするならSuite一択。

Standardまでには入ってない、Gt等に使えるアンプシミュレータのようなエフェクト『Amp』や『Cabinet』が入ってるのもバンドにとっては嬉しいところ。


バンドマンのためのAbleton記事一覧

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました