K-MIXの下準備をする~バンドマンこそAbleton Live

バンドマンこそAbleton Live

Keith McMillen Instrumentsの機材って(大きな声じゃ言いづらいけど)、パッと見で何に使うかわからないのが多くないですか?
僕にとって、K-MIXもその1つだったんです。
ただのオーディオI/Oかと思いきや、それだけじゃないみたいだし。。。
きっと、そんな悩みを持っているのは僕だけじゃないはず。
じゃあ、ブログに書こうじゃないか!的な。

Ableton LiveっていいDAWなのに、なぜかバンド周りにユーザーが少ない。
ちょっと悔しいので、バンドマン向けに役立ちたくてAbleton Live講座もやってます。
記事を書いてるakimはAbleton認定トレーナーです。

Ableton認定トレーナーロゴ

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

K-MIXって何ぞや?

K-MIXとは、Keith McMillen Instruments(略称KMI)から販売されてる【オーディオI/O兼フィジコン兼ミキサー】です。
非常に多機能で高機能です。
が、思ってる以上にコンパクト。
手元に届いたときに『え?マジで??』と思ったのは事実です。

だって【23.4 x 16.8 x 3.81cm / 730g】ですからね。
2in2outの一般的なオーディオI/Oだって1kg近くありますよ?
K-MIXは【8in10out】なのに、よくもまあこんなにコンパクトに。。。

日本ではパール楽器さんが代理店です。
日本人にとっては嬉しいことに、パール楽器さんが代理店になってから日本語マニュアルとかが充実して、以前に比べて格段に使いやすくなりました。
これだけ高機能の機材を英語マニュアルだけで使いこなすのはハードル高過ぎですから(;^_^A

K-Mix Audio Interface Digital Mixer & Control Surface | Keith McMillen Instruments
K-Mix is a ultra-accurate audio interface, programmable digital mixer and MIDI control surface from Keith McMillen Instruments.
K-MIX | Keith McMillen Instruments
◆ K-MIX 取扱説明書(英語版)  ※PDFファイル 7.19MB ◆日本語対訳Kmix 取扱説明書(前半:ハードウェア部分) ◆日本語対訳Kmix 取扱説明書(後半:ソフトウェア部分) kmix-mixing-quickstart
8イン&10アウトのオーディオインターフェイスとプログラム可能のミキサー、そしてMIDIコントロールサーフェスまで備え、シンプルを究めたデザインにより優れた耐久性を誇る次世代デバイス

動作環境

動作環境は

  • Windows10 + Ableton Live11 Suite
  • Macbook(Big Sur)+ Ableton Live11 Suite

の2つで確認しています。

基本的にWindows機で制作等を行い、Macbookは出先でのRecやライブパフォーマンス等に使う感じです。
出先でも使うのでMacでも動作確認していますが、基本はWindows環境下でのブログになります。

質問や問い合わせは、当然ながら公式サポートがおススメ。
以下からどうぞ。

Security check

Ableton Liveに重きを置く質問であれば、僕でもわかるかもですが。
その際は以下からお願いします。

下準備

何はともあれ、必要なモノのダウンロードから。
欲しいのは

  • 日本語マニュアル
  • Editor
  • MIDI Remote Script
  • Windowsの場合はドライバー

の4つ。

まずは以下のページにアクセス。

K-MIX | Keith McMillen Instruments
◆ K-MIX 取扱説明書(英語版)  ※PDFファイル 7.19MB ◆日本語対訳Kmix 取扱説明書(前半:ハードウェア部分) ◆日本語対訳Kmix 取扱説明書(後半:ソフトウェア部分) kmix-mixing-quickstart

このページから日本語マニュアルをダウンロード
日本語マニュアルには参照画像が載ってないので英語マニュアルも必要なんだけど、それは後でダウンロードする【Editor】に含まれてるので今はスルー。

次にKMI社のダウンロードページへ。

Downloads | Keith McMillen Instruments

ここではマニュアル以外の3つをダウンロードします。

EditorはMac用かWindows用を自分の環境に合わせて選択
Windowsの場合はドライバーも忘れずにダウンロードします。

【DAW Control Scripts】が【MIDI Remote Script】のことですね。
僕はAbleton Liveユーザーなので、Ableton Live用を選択。

ここまでで紹介したダウンロードすべきモノはパール楽器さんのダウンロードページにもあるかも。
バージョン等を確認して、最新のものをダウンロードしてください。

Pearl Electronics | K-Mix Mixer

この記事でのバージョンは、執筆時の最新バージョンなので時期によっては変わってることもあるかもしれません。
その際は、随時読み替えてください。

ダウンロードしたらインストールとかもろもろを。

Editorのインストール

Macの場合

ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックして・・・という通常の手順でインストールします。
K-MIXのフォルダをアプリケーションフォルダにドラッグすればOK。

このフォルダ内に英語マニュアルが入ってるので、アプリケーションフォルダから開けば見れます。

Windowsの場合

Editorの前にドライバーのインストールが必要です。
【K-Mix_Windows_USB_Driver_v5.0.zip】を解凍し、中に入っている【setup.exe】をダブルクリックします。

あとは、通常のWindows用ソフトと同様にNextを何回か押して、最後にFinishを押せばOK。

もしかすると【すでにK-MIXを接続してるなら一度はずして、後からもう一度接続して】のようなメッセージが出るかも。
そういうメッセージが出たら【Yes】を押して、K-MIXを一度はずしておきましょう。

ドライバーのインストールが終わったら、次はEditor。
【K-Mix_Editor_Win_1.3.6.zip】を解凍し、中に入ってる【K-Mix Editor.exe】ダブルクリックすればEditorが起動します。
いわゆるインストールはされなくて、使いたいときはこのフォルダから起動する必要があります。
面倒だなって思う場合は、タスクバーにピン留めしておくのがおススメ。

実は、Editorが必要になるのはK-MIXをある程度使い慣れてからだったりするんですが(^^ゞ
ま、準備は最初にしておく方が楽なので、ね。

MIDI Remote Scriptの準備

K-MIXとAbleton Liveの連携をとるために必要な準備です。
LiveのエディションやOSのバージョンによってちょっと違いがありますが、ここでは先に書いた動作環境という前提で書いています。

まずはダウンロードした【K-Mix Ableton Control Scripts v1.3.zip】を解凍してください。

Macの場合

アプリケーションフォルダでLive11を右クリックして【パッケージの内容を表示】をクリックして、【Contents>App-Resources>MIDI Remote Script】フォルダを開きます。
MIDI Remote Scriptフォルダ内に、解凍したフォルダ内にある【K_Mix_Live11】をフォルダごとコピペします。

Windowsの場合

WindowsのMIDI Remote Scriptフォルダを開きましょう。
場所は【C:\ProgramData\Ableton\Live 11 Suite\Resources\MIDI Remote Scripts】にあるはずです。
隠しフォルダなので、フォルダの表示タブから【隠しファイル】にチェックを入れないと開けないことにご注意を。

Microsoft公式「隠しファイルを表示する」

で、MIDI Remote Scriptフォルダ内に【K_Mix_Live11】をフォルダごとコピペします。

コピペ後

Ableton Liveを起動して環境設定を開き、【Link/Tempo/MIDI】の【コントロールサーフェス】のドロップダウンリストの中に【K Mix Live11】という項目があれば成功です。

手順が間違ってないのに【K Mix Live11】が表示されない場合は、Ableton Liveを再起動してください。

それでもダメならコピペが上手くいってないか、コピペするフォルダを間違えたかだと思います。
ありがちなのは、MIDI Remote Scriptフォルダに既にある他のフォルダ内にペーストしちゃうパターンですね。
手順を確認して、1からやり直してみることをおススメします。


さて、下準備が整ったら使い始めたいのが人の常。
どう使いましょう??

使い方ごとに分けてブログを順次アップするので、気になる使い方の記事を読んでみてください。

8イン&10アウトのオーディオインターフェイスとプログラム可能のミキサー、そしてMIDIコントロールサーフェスまで備え、シンプルを究めたデザインにより優れた耐久性を誇る次世代デバイス

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました