バンドマンこそAbleton~Instrument Rack

バンドマンのためのAbleton~Instrument Rack バンドマンこそAbleton Live

『バンドマンのためのAbleton』ってタイトル付いてるけど、今回はあまりバンドと関係ないかも(-_-;)
まあ、機能を知ることによって新しいアイデアが生まれる場合もあるから、いい風に解釈してください(^^ゞ

音程をつける

最近、サンプリングにハマッてまして。
iPhoneやビデオカメラで撮った映像から抜き出した音を加工して使う、みたいな。
Trackmakeやエフェクトの使い方の練習にもなるし、何より楽しいんで^^
で、今回は【抜き出した音に音程をつける】ってお話。

元の音はこれ

元ネタはここから。
御岳山に行ったときにケーブルカーに乗りまして。
そのときの映像がこちら。

御岳山ケーブルカー

で、30秒過ぎに鳴るホーン(って言い方でいいのかな?)の音を使います。
この音ね↓

動画編集ソフトとかで音を抜き出して、その音をAbleton Liveで読み込みます。

ドラッグ&ドロップ

もちろん、ケーブルカーのホーンを読み込んだだけでは音程は付かないわけで。
でもやることはたったの2段階。

  1. Instrument Rackをドラッグ&ドロップ
  2. 使う音をドラッグ&ドロップ

まずは空のMIDIトラックに【Instrument Rack】をドラッグ&ドロップ。

バンドマンのためのAbleton~Instrument Rack

【インストゥルメントまたはサンプルを~】って書いてある場所に使いたい音、ここではケーブルカーのホーンをドラッグ&ドロップ。

バンドマンのためのAbleton~Instrument Rack

読み込んだらこんな感じ。

バンドマンのためのAbleton~Instrument Rack

これでホーンに音程がつきました。
MIDIクリップを挿入すれば確かめられます。

バンドマンのためのAbleton~Instrument Rack
バンドマンのためのAbleton~Instrument Rack

メロディ

この音を使って創ったのが、【週一フレーズの山の音楽家】。
2コーラス目のメロディをホーンを元にした音で創ってます。

山の音楽家

Fade outやStartとEndのタイミングを微調整してるし、EQやCompも掛けてるんで、上で作った音と同じってわけじゃないけどね(^^ゞ

バンドマンのためのAbleton~Instrument Rack

でも、Instrument Rackを使えば音程がつくってことさえわかれば、そこから先はどうにでもなるんじゃないかと・・・って言ったら身も蓋もないか。
ま、その辺はもう少しInstrument Rackに慣れたらまた書きますね。


バンドマンのためのAbleton記事一覧


レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました