Pushのコードは形で覚える~バンドマンこそAbleton Live

Pushのコードは形で覚える~バンドマンこそAbleton Live バンドマンこそAbleton Live

Gtとか鍵盤楽器だと、コードを形で覚える人がほとんどだと思うんですよね。
『ここがルートでここが3rdだからこれはメジャーで・・・』ってよりは『ハイ!この形はC!これはDm!』みたいな。
じゃあ、Pushもそうしちゃえばいいんぢゃね?みたいな。

Ableton LiveっていいDAWなのに、なぜかバンド周りにユーザーが少ない。
ちょっと悔しいので、バンドマン向けに役立ちたくてAbleton Live講座もやってます。
記事を書いてるakimはAbleton認定トレーナーです。

Ableton認定トレーナーロゴ

Pushのコードダイアグラム

コードダイアグラム、つまりコードの押さえ方の図ですね。
Push2だけじゃなく、Push1でも同じことです。
基本があればそこから先は応用が利くと思ってるので、まずは以下のコードの押さえ方を。

  • Major
  • Minor
  • △7
  • 7th
  • m7
  • sus4
  • 7sus4
  • 6
  • m6
  • 9
  • add9
  • m add9
  • m7-5
  • 5
  • dim
  • aug

MIDIエフェクト『Chord』のプリセットと同じだけ準備しました。
欲しいものがあったら、随時追加していこうかと。

Pushの設定

Pushと、Gtや鍵盤楽器との違い。
それは本体側の設定があること。

Pushの【Scale】ボタンを押して、Scale選択画面へ。
そこで【4ths / Vert. / Chromatic】に設定。

Pushのコードは形で覚える~バンドマンこそAbleton Live

この設定はPushの音並びがGtやBaの指板と同じようになるので理解しやすいかと。
akim的にオススメの設定です。
今回作ったコードダイアグラムもこの設定で作っています。

【In Key】表示も見やすいし簡単でいいんだけど、コードを押さえるとなると半音ズレるときとかちょっと不便だからね。
akimは

  • コードを押さえるときは【Chromatic】
  • 遊びからメロを閃きたいときは【In Key】

みたいな感じで使い分けたりしてます。

Rはルート、数字は度数

【Rはルート】を、【数字は度数】を表してます。

Gtや鍵盤のダイアグラムと違って、『ここを押さえて』ではなくて『この形で押さえて』です。
この形であればPushのどこを押さえてもコードの響き自体は同じです。
たとえば7sus4なら、ルートが変わるだけでどのポジションでも7sus4が鳴ります。

Pushのコードは形で覚える~バンドマンこそAbleton Live

『これが押さえやすいかな?』と思う形にしてますが、違うポジションでも同じ音があるのがPushの面白いところ。
自分の手に合わせた押さえ方も探してみてください。

コードは形で覚えよう~Ableton Live講座~Push編#22

ダウンロード

ダウンロード出来るようにしておくので、必要とあればお好きにどうぞ。
無料です。
お礼は・・・Youtubeチャンネルの登録とか、Twitterのフォローとかって感じで笑
無断の再配布等は禁止です。
よろしくどうぞm(_ _)m

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました