荒野の果てに(Bass Cover)~課題曲#3

課題曲

『グロ~オオオオオ~オオオオオ~オオオオオ~リア~』ってサビが妙に好きで。
クリスマスシーズンにどこかで耳にした人も多いかと。

「弾けるようになりたい曲」や「好きだけど弾いてなかった曲」なんかを【課題曲】として練習する、というakimルールを決めました。
ひらたく言うと【弾ける曲をもっと増やしたいな】と。
ちなみに、この記事を書いてるakimはAbleton Certified Trainer

Ableton認定トレーナーロゴ
Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

インエクセルシス??

『グロ~~リア~ イン エクセルシス デオ』の歌詞の意味がわからなかったので調べてみました。
元々はラテン語で『いと高きところの神に栄光あれ』という意味になるそうで。

英語の歌詞だと『Gloria in excelsis Deo』というスペルです。
そう、英語でも元々のフランス語でも日本語でも、この部分は『Gloria in excelsis Deo』って歌われてるんですね。
やっぱ、このメロディにはこの歌詞が一番合うってことですかね。

荒野の果てに

作曲:不詳(フランスのクリスマス・キャロル)

『荒野』の読みは『こうや』ではなく『あらの』です。
日本語(というか漢字)って難しいですね。

今回はBass一本でどう弾くかっていうトライだったけど、がっつりアレンジしたバージョンもやってみたい曲ですね。
今年のクリスマスとかに出来たらいいな~。

主使用機材

Ableton Live11 / Dope Grape(Active:F100/R0/T50/H0/B0) / Key F

akiMusic

課題曲再生リスト

課題曲~akiMusic

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG

8イン&10アウトのオーディオインターフェイスとプログラム可能のミキサー、そしてMIDIコントロールサーフェスまで備え、シンプルを究めたデザインにより優れた耐久性を誇る次世代デバイス
ESS SABRE 32 DAC搭載 4in 4out オーディオインターフェイス
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

コメント

タイトルとURLをコピーしました