バンドマンのためのAbleton~フォローアクション

バンドマンのためのAbleton~フォローアクション バンドマンこそAbleton Live

『打ち込みって、結局は単に音源を流すだけでしょ?』と思ってる人はいませんか?
正直言って、その考え方は時代遅れです。
準備した音源を流すだけという使い方も出来るけど、それだけではないのがAbleton Live。
その1つが【フォローアクション】。

次のクリップへ

上?下?ランダム?

まずは、セッションビューでクリップを同じトラックに複数、連続して並べます。

14clips

このクリップを順番に鳴らすとしたら・・・マウスでポチポチ?
あるいはMIDIコンでポチッ?
間違った方法じゃないけど、あなたがバンドマンだとしたらGtやBaなんかを弾きながらAbleton Liveを扱うこともあるのでは?
となると、マウスやMIDIコンでポチポチは現実的じゃないわけで。

そんなときに使うのが【フォローアクション】。
なんと、クリップが再生された後のことを指定できる機能なのです。

設定方法

設定したいクリップを選び、クリップビューを開きます。

14setting1

クリップビューでLaunchを表示させて、フォローアクションを設定します。

14setting2

フォローアクションの設定場所は3つ。
上から

  1. このクリップのどこでアクションを起こす?
  2. そのアクションの内容は?
  3. アクションが起きるパーセンテージは?

という設定内容。

1.このクリップのどこで?

画像で [3] [0] [0] となってる3つの枠で設定します。
左から [小節数] [拍] [16分音符] なので [3] [0] [0] の設定なら [3小節]と[0拍]と[0音符] のところでアクションが起きるってことです。
勘違いしやすいのは「小節数」ってところかも。
「○小節目」ではないので、要注意。

2.アクションの内容は?

アクションの内容はここで選択します。
選択肢は8種類。
下のクリップに進んだり、上のクリップに戻ったり、はたまたストップしたり。
細かい説明はAbleton Live公式マニュアルがおススメですが、読んだだけではピンと来づらいので実際にやった方が早いです笑

ここでは下向き矢印なので、3小節が終わったら下のクリップが再生されます。

で、枠が2つありますよね?
左の枠と右の枠、それぞれにアクションを設定出来ます。
ここでは左枠に下向き矢印(Next)が入ってますが同時に右枠に他のアクション、たとえばLastやPreviousを設定することも可能。
これが何を意味するのかは、次の設定項目で。

3.パーセンテージ

正確に言うと【比】になるかな。
ここにも枠が2つあるけど、【左枠:右枠】の比によって「2.」で設定したアクションが起きるんです。

たとえばこんな設定。

14setting3

左枠が【下向き矢印と1】、右枠が【上向き矢印と5】です。
よって、6分の1の確率で下向き矢印(Next)の、6分の5の確率で上向き矢印(Previous)のアクションが起きることになります。
Trackmakeでこの設定を使うと非常に面白いことになるし、バンドマンの練習にもなりますよ。
詳しくは次に書きます。

こんな練習

リズムトレーニングの1つに、こんなのがあります。
4分→8分→16分→8分→4分・・・を繰り返す方法です。

バンドマンのためのAbleton~フォローアクション

これ、クリックが必須だけど、ぶっちゃけ飽きちゃうんだよね(-_-;)
なので【4ビート/8ビート/16ビート】3つのリズムパターンを用意してそれをフォローアクションで再生すれば飽きにくくなるって寸法。
パーセンテージを設定すればリズムパターンが一定の順番で来ることもなくなるので、急なリズムチェンジに対応するための練習にもなるわけです。

たとえば【4ビート/8ビート/16ビート】の3つをランダムに再生させるのであれば

14setting4

3種のリズムパターンを連続して並べ、フォローアクションを次のように設定します。

14setting5

左枠の*みたいなマークは【Any】で、連続してるクリップのどこかにジャンプする設定。
右枠の右を向いた▼は【Play Again】。同じクリップをもう一度再生します。
あとはパーセンテージを好みに設定すれば、3つのビートがランダムに再生されます。
ここでは【1:1】に設定しました。

順番通りに練習したいときは、画像のように5つのクリップを準備。

14setting6

上から4つ目までは①の下向き矢印【Next】、一番下だけ②の3本線【First】に設定すれば順番通りに音が流れて、かつループし続けます。

14setting7
14setting8

フォローアクションの基本、伝わりましたかね?
実際にAbleton Liveで設定してみるとわかりやすいと思いますよ。
非常に便利なので、セッションビューを使うAbleton Liveユーザーにとって必須知識の1つです(断言)。

バンドマンのためのAbleton記事一覧

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました